五十肩って・・・痛いです

そう、もう五十歳を超えた方なら経験しているだろう、五十肩(四十肩)が
私にもやってきてしまった。

これって、痛すぎです。

デスクワークの人や姿勢の悪い人に起こりがちらしい。

肩の位置や向き、そして動かさな過ぎが主な要因とか
言われている。

自分の場合、普段から動かないので、肩が固まりつつあり、そこに
ある日、窓を閉めようとして、ちょっと届きにくい窓で
手を伸ばして、閉めようとしたときに!!!

”グキッ!!”と行きました。

相当な激痛が走りました。
湿布して後は日にち薬・・・って

治りません。

しばらく我慢してましたが、痛くて、柔整にいきました。

更に痛くしてくれました。
”我慢して!動かさないかんよ~!”

しばらくは和らいだのですが、いかんせん、ここんところ荷物をはこんだりしてて
肩を酷使してしまい、悪化している・・・

試したのは「ボルタレン・ゲル」、しばらくは沈痛効果で2~3時間は楽になる。
それまでは、家にあった「ロキソニンテープ」「湿布」ありとあらゆる貼物でごまかしてた。

整形外科の先生に相談したら、「ステロイド注射」したろうか!楽になるよ
だけど、血糖値が高い人はだめよ!って!

え~!!、確かに低いわけでも平均でもない、どちらかというと予備軍な・・・

やめときます。

ネットでは、非ステロイド系の沈痛消炎効果のものを飲むか貼るか、塗る。

そう、「ロキソニン」まさにそれらしい。
ゲルを買ってきた。

確かにボルタレンのそれより高いけど、効き目は良い。
しかし、薬剤師が居ないと買えない。
そういうことで、しばらくは「ロキソニンS・ゲル」です。

飲みのほうは、行きつけの内科で処方してもらった「ロキソマリン」だったかな
※ジェネリック

五十肩は、始め「急性期」は、とにかく、沈痛と炎症を抑えることに専念

安静が第一と言われた。
※三角巾でつるくらいの安静・・・

そう、安静

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です