「電子工作」カテゴリーアーカイブ

ACアダプタ:AV-DR305E

先日のラジオのACアダプターが欲しいな~と
RAD-S520N

これはオーム社のAudioComm製品で、オプションでラインアップされていたもの

つまり、これを使えば、例のラジオにも適応のはず・・・

早速、ラジオに使用してみる・・・ん?

鳴らん?

おっと、プラグの仕様がセンターマイナスなのね・・・
このアダプタは、4種類のサイズにはめ変えることで
いろんなACアダプタに対応している。(4タイプ交換)

そして、はめ方でセンタープラスかセンターマイナスに切り替えることができる。

センターマイナスにして、ラジオに

ざーーーー

FMで東海ラジオを聞いていたが、電池からACに切り替わったら聞こえない?

ダイヤルを微調整しても聞こえない・・・
???

わかったこと
周波数がずれている。

下げていくと、FM-CBC、FM-東海と受信できた。

FM-NHKまでしか聞こえない

アダプタを抜き差しすると、元に戻ることもある。

電圧のせいか?

規格通りだが

しかも、電池と違って、ノイジー・・・

AC周りからのノイズを拾っているっぽい

AMだと、さほど気にならない

ちなみに、このACアダプターも生産終了品だった
※現行品:AV-DR3005N(6タイプ交換)

追記:ACアダプタに切り替えるときは、電源を切ってからだと
おかしな現象は起きないようだ・・・
ノイズも、周りのノイズ発生源次第だった、位置をかえると
ノイズが消えた

AMラジオ10

2号機の改造をした。

1.低周波増幅をイヤホン(マグネット)が鳴るように工夫した。
2.マイクロインダクタをバーアンテナに変更(330μH=>340μH)

さくっと改造

その前に、バリコンの固定をちゃんとした。
今まで両面テープで止めていたが、落ち着かず、穴を開けてねじ止めした.

1.セラミックイヤホンを鳴らすように設計されていたので
  トランジスタの出力からイヤホンを返してGND接地していた。
  GND接地をやめて、+へ接続した。

 ※ただ、そのままだと、発振したので、セラコンを追加した。
 ※まだ、音が割れるので、調整が必要か・・・ボリュームを付けるか
  トランジスタのバイアス設定かな・・・
 ※セラミックイヤホンは鳴らなくなった。
 ※100均の16~32Ω(直列32Ω:変換アダプタ自作)
  (並列8Ωも聞こえる)
 ※追記:(8+8=4Ω)は発振する。

2.バーアンテナ(SL-55GT)に変更した。
  メチャクチャ感度がアップした。
  結局、外部アンテナは不要になった。
  

まとめ

バーアンテナは必須

次こそ、レフレックスだな・・・

ベッドサイドラジオに良いかも。
ちょっと眠れない時に、イヤホンで聞けるちょど良い音量

追記:
受信放送
・NHK-1
・NHK-2
・CBC
・東海

夜は、海外の放送局が受信しているがどこ???

補足:
モノラル=>ステレオ端子のアダプタを作成
※直列になるように配線した
 売っているアダプタは並列になる

AMラジオ9

2号機の改造を進めている。

前回、AF出力部の変更をしたが、思った以上に
音が割れる。

低周波増幅部のトランジスタの接続を自己バイアスにしたら
意外と出力があがったのか、割れる。

抵抗値の見直しをしないといけない。

3Vの電源なので、もともとそれなりの出力が出ていたのかも
しれない。
クリスタル(セラミック)イヤホンではなく
普通のカナルタイプのイヤホン(マグネット)

ネット情報で出ていた回路を参考にすると
それは1.5Vで、自己バイアスにしていて
普通のイヤホンが鳴ると・・・

こいつは試してみたい。

2SC1815で組まれているので実に興味深い。

ネットで注文した、バーアンテナが続々とそろってきた。

早速、1号機につないでみたが、そもそも、バリコンの容量が足りないのか
1局しか受信できない・・・

やはり、3号機を作るか・・・(レフレックス)

AMラジオ8

自作AMラジオ2号機を作成しました。

2石AMラジオキットを購入して
早速組み立てて、ケースに入れた。(シャンテック電子
※ストレート方式

追記:高周波1段ストレート方式と言うそうな。
・アンテナ=>同調=>高周波増幅=>検波=>低周波増幅=>イヤホン

回路的には1石のと変わらないのですが、ガンガン受信できます。

高周波増幅がきいてるのね。
コイルをバーアンテナにすると、もっと感度があがりそうですね。

しかし、シンプルなだけに、周囲のノイズを拾います。

アンテナは付属の線で1mほど

NHK-1
CBC
東海

受信できます。

  • 2石ストレートAMラジオキット
  • ケース
  • イヤホン(ジャック付を別途用意)キットのを使用してもOK
  • 3.5ミニジャックX1
  • トグルスイッチX1
  • アンテナ端子X1
  • 電池単3X2本

追記:インダクターで同調しているが、これをバーアンテナにすることで
感度が上がり、外部アンテナも不要になるとか・・・らしい・・・実験するか

次は、レフレックス方式を試してみたい・・・・

追記:低周波増幅の出力段をマグネティックイヤホンを駆動できるように変更
(出力=>イヤホン=>GNDを
 出力=>イヤホン=>VCC)にする。
 ※発振しやすくなるので、セラコンを追加(104)
 鳴る!すげー

ボリュームもいるな・・・
※イヤホンに付いているボリュームで調整可能・・・

AMラジオ7

う~ん。

イヤホンなのか?

元に戻して、朝からつけっぱなしで聞いていた。

昼過ぎに、急に音がフェードアウトしていき

聞こえなくなった。

初号機、3石なので、音も大きく感度も良い。

手持ちのイヤホンに付け替えてみた・・・

さぁ、今からつけっぱなしで聞いてみます。

つづく・・・

追記:
朝までONのままにした。

問題なく受信しています。

イヤホンかな~?

AMラジオ6

以前から、受信機でノイズを拾うのでテレビを消してました。

しかし、他にもノイズ元がありました。

インターホンでした。

在宅で仕事してます。
作業机が1階の隅っこですが、壁にインターホンが付いています。
真横と言っていいくらい近いです。
自作のAMラジオを聞いていると、「ブ~ン」って音が混ざります。

もしかしてと思い、ラジオをインターホンに近づけると・・・

あ~、これか

「ブ~ン」って音が大きくなり、特定できました。

電源を切ってみると、音が半減しました。

・・・ん?半減・・・?

他にもノイズ出てますね。

多分、パソコンからだと踏んでいる・・・

とりあえず、ラジオをインターホンから遠ざけます。

AMラジオ5

オークションで購入した自作ラジオ・・・初号機

自分で作成した、1石ストレートラジオ・・・1号機

と、呼ぶ

初号機に起きた不思議な症状・・・
数分聞いていると、音が聞こえなくなる。
すぅ~って感じ聞こえなくなる・・・

あれ、電池切れ?

テスターでは1.6Vもあるし(新品だもん)

1号機にクリスタルイヤホンをつないでみた。

※初号機の

すると、同じ症状が出た・・・え?

AMラジオってこんなもん?

うそ~

先月、購入してあったクリスタルイヤホンを使って検証

う~ん、問題なく聞ける。

既に1時間聞き続けてますが、症状はでない。

え~?

クリスタルイヤホンで、こんなことあるのか?

※クリスタルイヤホンは現在は入手困難です。
 今出回っているのは、セラミックイヤホンと言います。
 (中身は圧電素子が入っています。)

追伸:
イヤホンが原因ではない可能性も・・・
はんだ不良かも・・・つづく

AMラジオ4

続き・・・

バリコンの仕様とコイルの仕様で計算していると
まったく問題ないのだが、最大開放時に1053K付近ということは
そもそもコイルの値が違う?

開放で12pFとすると、1053Kに共振するのは・・・

え・・・・へ

AMラジオ3

1石ラジオを作成した。

ネットで見つけた回路を参考にした。

2SC1815を使った検波

2SC1815 トランジスタ
330μH コイル(インダクタ―)
220pf バリコン
1M 抵抗
30K 抵抗
102(1000p)セラミックコンデンサー

アンテナ線

NHKが受信できた

他は・・・無理っぽい

アンテナは長い方が良いみたいだ

あと、アースも大事

ひとまず、人間アースで感度が上がる。

聞こえたので、OKとする

これから、いろいろと研究してみるか。

青い線がアンテナ:1~2mくらい        こっちのクリップの線がアース

昔の人は、こんな感じでラジオを聞いてたのかな・・・

ゲルマラジオだね・・・

次は2石ラジオに挑戦するか

330μH – 220pF

計算上、受信範囲にあるので、問題は感度かな
聞こえてくるのはNHK-2あたりだと思うし

せめて地元のCBCと東海を聞けるといいな・・・
アンテナ次第か、感度を上げるか・・・

つづく・・・

補足

受信結果
NHKは第一でした。NHK-1(729K)
それと、CBCも聞けました。 CBC(1053K)音小さい

判明したのが、バリコン最大開放でCBCが聞こえたので
すこし周波数が下寄りのようです。

590K~1053Kあたりなのかな

これを上寄りにするには・・・

バリコンにコンデンサーを直列に増設するか?

このバリコン、2つ連結タイプで並列で使用しているので
開放することで、減らせるか・・・

仕様では、200pF+20pFとなっている。

200pFだと

問題は、開放時だ・・・

CBCがMAXで聞こえたとなると、開放時の容量が

くらいか・・・

正確に測定してみるか
それから。
CBCは聞こえるが、かすかに後ろでNHK-1らしき音声が聞こえる・・・
これが選択度の性能なのか・・・混信

つづく・・・

AMラジオ2

そう。。。

先日のAMラジオ・・・

回路図も添付されていたので
自分でも作れそうだなと・・・

ネットでキットを探していたら・・・あら?

同じ回路図のキットがあーるでわないか

これがベースだったのか

ただ、このキットと部品が一部違う。

コイルとバリコンが違う。

コイルは330μHで
バリコンは220~260pfでしょうか

購入したものは手巻きのコイルでした。
234μHと書かれていた・・・

バリコンは220pfらしい

自分も組んでみるか・・・