心臓は大事です・・・

12月4日、狭心症のため、心臓冠動脈ステント留置術という手術を
うけました。

以前から、急ぎ足で長いこと歩くと、胸が痛くなることが増えた。
その後に階段が登れない・・・痛くて

止まって、息を整えると、すぐに痛みは治まる。

気になり、いつもの内科で心電図。

う~ん、心電図での診断では正確なことは分からないので、心臓CTを
とってきなさい。紹介状を出すから。と、言われた。

火急的な状態ではないけども、なるべく早めに行っとくと、安心でしょ。

そっかー、なんだろう?
痛いのは事実・・・仕事つらい?
年齢もお年頃なので、心臓がきになる・・・

やはり、日がたつにつれて、不安と痛みも増したか・・・

11月にハートセンターに予約して、心臓造影剤CTを受けました。

結果、先生、「あかん、これはあかん。」

そうです。写真を見る限り、狭くなっているのが、素人にもわかるほど。

先生が、「この時点で見つかって良かったですね。このままやと、助からん」
「安心して下さい、治りますから。」

翌日、カテーテル検査を受けて、もっと詳しく調べましょう。

と、薬を処方していただきました。

カテーテル検査では、詰まり具合も分かり、かなりの冠動脈で石灰化が進んでいました。いわゆる動脈硬化。レントゲンでは白く映ってます。
一番狭い個所で95%~99%と出ていました。確かに、あかんです。

担当の先生から、処置の方針を聞き、今後のためにもきちんと治していきましょう。このステントは、ほとんど失敗例が無く、自分の経験でも、ここでは問題は
発生してしていないので、安心して下さい。

本当に、安心しました。

で、12月4日、入院と直ぐに、手術・・・あっという間に終わりました。
1時間以内?翌日には退院です。

今日で3日目、昨日、仕事に行きましたが、歩くのも楽です。
階段も難なく登れます。

薬漬けの毎日になりましたが、大事に生きていこうと決意。
食事も運動もね・・・

くれぐれも、言いますが、カップラーメンの食べ過ぎはダメ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です